悉皆.com

栗田 裕史 お着物染み抜き事例

point-1着物の柄の白い部分に変色


柄部分のカビによる変色 着物の柄の白い部分に変色が出ています。








 着物の柄の白い部分には主に、 「胡粉」といわれる顔料が使われているのですが、 胡粉はカビが生えやすく、変色の事例は多いです。 

  柄部分のカビによる変色


染み抜き後、顔料で修正いたしました。 






 黄変があるとそれだけで断るお店も多いようですが、 
当店は黄変の直しも豊富な経験がありますので、 
諦めずにご相談くださいませ。

point-2紬の着物に黄変


着物の黄変


紬地の着物に黄変が出ています。 







 紬のような先染めの生地の場合、 
染み抜きによって柄の脱色などが起こることがあり、 
慎重にテストを行ってから作業にかかります。 


着物の黄変



染み抜き後の状態です。 少し脱色しているので、 染色補正で色修正します。






  着物の黄変

色修正後です。 ほぼ分からなくなりました。 
 紬というだけで染み抜きを断る店舗も多いようですが、
 当店は豊富な経験を持っておりますので、
諦める前に一度ご相談ください。

point-3絞りの振袖の染み抜きと柄復元


絞りの振袖の染み抜きと柄復元 絞りのお振袖の黄変の染み抜きなのですが、絞りの着物の染色は弱いものが多く、特に青系のモノは染み抜きを行うと瞬時に色が消えてしまうことが多いです(^_^;)







  絞りの振袖の染み抜きと柄復元 染み抜きを行ったところ、予想通り、このように絞りの模様が消えてしまいました(^_^;) 







  絞りの振袖の染み抜きと柄復元

根気よく柄を復元して仕上がりです!

point-4ワンピースの脇の脱色


脇の脱色 よくある事例ですが、お洋服(ワンピース)の脇部分が汗によって変色・脱色を起こしています。 このような状態になってしまうと、 洗いや染み抜きだけでは直せませんので、 色修正(染色補正)が必要になります。 着物の場合は基本的に水洗いがないので その心配はないのですが、 洋服の場合は水洗い可のものも多いので、 その場合、修復後の水洗いが出来なくなります。 もちろん、使う染料は普通の染料よりも水に強い 特殊な染料なのですが、 部分的な染色は基本的に水に弱く、 ドライクリーニングであれば問題ないのですが、 水洗いを行うと、どうしても徐々に 修復箇所が薄くなってしまいます。 お客様にはその辺りをご納得いただいた上で、 修復を承っております。 脇の脱色

point-5アンティーク着物の染み抜き


今回は、アンティークのお着物の染み抜きです。 着物の染み抜き おそらく昭和初期あるいは大正時代のお着物だったのですが、全体に黄変が発生し、部分的に生地が破れかけている様な状態でした。 生地が弱っている場合、薬品の反応具合によっては、生地に穴が開いたり、破れたりすることもありますので、慎重に時間をかけて染み抜き作業を進めなければなりません。 状態によっては染み抜きが難しいこともございますので、お悩みの時は、まずはお気軽にご相談ください。 今回は、時間はかかりましたが何とか綺麗にすることが出来ました。 着物の染み抜き

point-6柄?シミ?


子供用着物の染み抜き 男の子用のお着物の染み抜きなんですが、まずは一枚目の画像を見てください。 何かお気付きになられましたか? そうです、シミが絵柄の形になってるんですΣ(゚д゚;) 友禅染の着物を作る場合、「青花(あおばな)」と言われる下絵用の染料の一種を使って下絵を描いていくのですが、この染料の特徴は、水または蒸気熱によって容易に消えるということなんです。 ですから、本来は加工の段階で無くなってしまうものなのですが、保存状態の悪い青花を使用したりすると、稀に青花が残ったり黄変を起こしたりすることがあります。 今回の事例は、何十年もかけて下絵に使った青花が黄変を起こしたものでないかと考えられます。 使い捨てでなく、何代にも渡って愛用される着物ならではの染み抜き事例でした( ´∀`)つ 子供用着物の染み抜き
次のページ »
TOPPAGE  TOP 
決済方法について

悉皆.com着物お直し職人依頼↓

しみ抜き職人
・ご依頼品の発送する際は、事前に担当職人のご依頼フォームよりお問い合わせしてください。
・ご依頼フォームは数日で登録職人より返信されます。
・作業代金の目安はこの際に御見積をお出しします。
・ご郵送の際は、当サイト規定のお手入れカルテにご記入下さい。
・お品物にカルテを同封の上、担当職人の住所までお送り下さい。
・お品物到着から数日中に職人よりメールがございます。
・御見積、納期、処理方法などメールからご判断いただき処理の有無をご連絡してください。
・ご連絡をうけて作業を開始いたします。

染み抜き(シミ抜き、しみ抜き)依頼の
おおまかな流れ

1
職人の部屋に入り
依頼フォームに入力して送信します。
2
受付確認のメールが届きます。
3
職人からの返事が、メールで届きます。
4
必要に応じて、職人への返事をお願いいたします。
5
ご依頼の受付が可能な場合
費用・納期・依頼品の送付先・支払方法などの
説明がメールにて案内されます。
6
内容にご納得いただけた場合
依頼品を送付してください。
7
あとは、修正された衣類が戻ってくるのを待つだけ!

お申し込みはこちらから↓


染み抜き専門店  なをし屋
住所:〒604-8846
 京都市 中京区 壬生西桧町 16番地 7
TEL:075-204-7738
ご依頼品郵送について

依頼品をお送り頂く際の運賃

依頼品はご依頼者様の手配にて、ご送付頂きます。
なお、お送り頂く際の送料は、ご依頼者様でご負担お願い致します。

キャンセルについて

作業開始してからの中止は不可です。作業前の場合は、送料お客様負担にて返品いたします。

お受け取り時間指定

お品物のお受け取り時間をご指定したいお客様は以下の時間指定でメールにてお知らせ下さい。
お届け時間

仕上がり品のお支払い

代引代引きについて
当サイトでは、ご依頼品代金のお支払いは「代金引替便」にて行っております。
「代金引換便」による決済は、商品の受け取り時に、代金・代引き手数料を配送会社の方にお支払いください。
送料・代引き手数料はお客様ご負担となります。 代引き手数料はお支払いただく商品代金により異なります。下の表の通りです。
代引手数料
・当サイトでの依頼品の配送は、佐川急便・ヤマト運輸に委託しておりますが、他の配送業者がお届けする場合がございます。
・ご依頼品は発送元(職人所属の会社)名義でのお届けとなります。
TOPPAGE  TOP