悉皆.com

新着お問い合わせ事例

point-1UGGムートンブーツのシミ抜き修正


 

 

UGGムートンブーツのシミ抜き修正事例です。

履いている最中に、油シミがついてしまいました。

このような場合、全体的なクリーニングを施すよりも

部分的に、シミ抜きで対応できます。

point-2財布のラウンドファスナー交換修理


 財布のラウンドファスナー交換修理1財布のラウンドファスナー交換修理2

財布のラウンドファスナー交換修理3財布のラウンドファスナー交換修理4

財布のラウンドファスナー交換修理5財布のラウンドファスナー交換修理6

財布のラウンドファスナー交換修理7財布のラウンドファスナー交換修理8

財布のラウンドファスナー交換修理9財布のラウンドファスナー交換修理10

財布のラウンドファスナー交換修理11財布のラウンドファスナー交換修理12

財布のラウンドファスナー交換修理13

財布のラウンドファスナー交換修理です。

お財布の修理はとてもデリケートです。
今流行のハードなウォレット タイプであれば、ヘリ返しや接着部分も少ないですから簡単な場合もありますが、今回のような革を薄漉きして減り返して接着しているようなタイプですとかなり困難な場合もあります。
革が薄いですから弱っているケースも多いですし、接着止めされてますから剥がして分解するのも非常に神経を使いますし、作りも複雑で繊細です。

正直、この手の修理を扱っている業者さんは少ないと思います。

当工房でも、こういったケースの場合、部分的に切れてしまう事や、型崩れが起きる事、多少縫製の状態が変わってしまうこと、などご理解いただいてからお受けしています。

今回はファスナー交換です。
ファスナーテープが一部切れてしまっています。(画像?)
まずは、ファスナー裏側のへり返し部分を接着剤を剥がしながら丁寧に分解していきます(画像?)
減り返しを剥がすと、内布と心材が接着されていますので、剥がします。
ファスナー裏側の縫い口が出てきますので、そちらを丁寧に解きます。(画像?)
ファスナー上部が剥がれますと、サイドが反対側と一体で縫製されていますのでそちらも解いていきます。(画像?)
反対側は下までファスナーが続いていますのでそちらも解き、裏側まで巻き付いているファスナーをとります。(画像?)

ここまででやっと片側とれました(^_^;)  (画像?)
おんなじ要領で、反対側もきれいにとります。(画像?)
このように、ファスナー一本取り出すまでに、その裏のポケットまですべてばらしませんと、きれいに取れませんので通常の3倍手間がかかります。
壊れたファスナーを元に、同じ長さのファスナーを製作いたします。(画像?)

ここでやっと折り返し地点です(^_^;)
今度は新しいファスナーを縫い付けていきます。
直線はミシンで縫えますが、角からマチの下までは、ミシンが入りませんので手縫いで直すことになります。
ミシン穴に合わせて、一目一目縫い付けていきます。(画像?)
サイドのマチは、裏のポケットと合わせて3枚構造ですので事前に接着して縫い合わせていきます。(画像?)
ここは非常に革が弱っていますし、非常に狭い範囲ですのでひじょ〜に縫いにくい( ゚Д゚)b (画像?)
反対側も縫製して出来上がりです。(画像??)

何とかきれいに仕上がりました。

これでまた使えますね!

財布のラウンドファスナー交換修理はお任せください。


point-3ルイ・ヴィトンバッグの内袋のインクの染み抜き


 


ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの内袋のインクの染み抜きです。

かなりたっぷり浸透したインクのしみですね。(画像1)
ここまでの染みは、このままシミヌキしますとバッグの表側にも影響が出てしまうケースが多いのでまずは内袋を取り外します。 (画像2)
裏側の方がインク染みが大きいですね。裏が樹脂加工されていますので、そのままシミヌキしますと、インクが回りに移って輪染みなどの弊害を起こします。 (画像3)
内袋をはずしましたら、角の縫製も解いてきれいに染み抜きしていきます。(画像4)
きれいに染み抜き出来ました!。(画像5)
内袋をきれいに縫製しなおしまして、バッグ本体と再縫製していきます。(画像6)
縫い目がずれないように、事前に針で縫い目を合わせます。(画像7)
ミシンできれいに針穴を合わせながら縫っていきます。(画像8)
きれいに直りました(画像9)

バッグの修理屋さんなどでは、大抵、この手の修復はべつの生地での作り直しを提案されると思います。
修理屋さんには染み抜きの高い技術が無いためです。
どうせ直すのであれば、取替えではなく染み抜きしてもらいたいアイテムだと思います。
染み抜き技術+縫製技術、で自社で直せる職人さんはほとんどいないと思います。
当工房の売りのひとつでもあります(笑)

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの内袋のインクの染み抜きはお任せください。

point-4ミュール(サンダル)のリボン直し


ミュール(サンダル)のリボン直しです。

最近よく聞かれるのが、「簡単な修理なんですけど、やってますか?」と言う質問。
カシメが取れてしまったとか、少しほつれてしまったとか、ちょっとした傷とかです。

靴の修理などは、安価にやってくれるインストアなどの業者さんも多いですが、メニュー化されていてメニュー外の修理は受け付けない業者さんなどもあるみたいですね
大手チェーンの修理屋さんは、安くて手軽な所がいいのですが、そういう所もあるのかな?

当工房の場合、僕が直接お聞きして、お受けしてますので、可能なことなら何でもやりますよ!
もちろん出来ない事もありますが、なるべくお客様と話し合って、出来る方法を提案しています。

もちろん簡単な修理も大歓迎です。

写真は装飾のリボンが取れてしまったので、それだけ付けてくださいってご依頼です。
布用ボンドで止めるだけですから、ご自身でも出来る修理だと思いますが…
何かのついでにでも一緒に出していただければ、修理できますので簡単かと思います。

そんな簡単な修理も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。


point-5ジミーチュー パイソンバッグの変色・黄ばみ修復




ジミーチュー パイソン(へび皮)バッグの変色・黄ばみ修復です。



仕上がり画像撮り忘れちゃったんですけど…

ジミーチュウ(Jimmy Choo)のこの手のバッグは(リング,ルース,マレーナ,リキ,マディ,マハラ)装飾がこってますからね。
メンテナンスもとても手間がかかるものが多いです。

今回はパイソン(へび皮)ですし更に大変です(笑)

2枚目の画像を見るとわかりますが、元色はかなり白い色です。
変色していない部分と比べるとかなり黄ばんでいますね。

3枚目画像は半分だけクレンジングしたところです。

白革はピグメント仕上げ(顔料仕上げ)などの素材は作業しやすい場合もありますが、この手の塗っていない白は注意が必要です。

クリーニングすると余計黄ばんでしまうアイテムも少なくありません。

今回は手作業で少しずつ、汚れや黄ばみをとっていってウッスラ白(クリーム色)で薄化粧して仕上げました。

ジミーチュー パイソン(へび皮)バッグの変色・黄ばみ修復はバッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Reにお任せください。

point-6子供用デイパック(リュックサック)の肩ベルト修理







子供用デイパック(リュックサック)の肩ベルト修理です。


デイパック(リュックサック)は肩ベルトの付け根あたりが一番不可がかかるようで、付け根部分が切れかかって修理にお持ちになるケースが多いです。

狭いパイピングやグログランテープ内で縫いつけられたタイプの物が多いのでどうしても「アソビ」がない分負荷がかかりやすいみたいですね。

裏から外して切れている部分をカットして、ほんの数ミリ詰めた感じでまた下の形に収まます。
綺麗に縫い直してます。

そして、全体を綺麗にクリーニングいたしまして完成です。

子供用デイパック(リュックサック)の肩ベルト修理はバッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Reにお任せください。
次のページ »
TOPPAGE  TOP 
決済方法について
・ご依頼品の発送する際は、事前に担当職人のご依頼フォームよりお問い合わせしてください。
・ご依頼フォームは数日で登録職人より返信されます。
・作業代金の目安はこの際に御見積をお出しします。
・ご郵送の際は、当サイト規定のお手入れカルテにご記入下さい。
・お品物にカルテを同封の上、担当職人の住所までお送り下さい。
・お品物到着から数日中に職人よりメールがございます。
・御見積、納期、処理方法などメールからご判断いただき処理の有無をご連絡してください。
・ご連絡をうけて作業を開始いたします。

悉皆.com登録職人依頼↓

しみ抜き職人 ブーツクリーニング・ジャパン職人紹介 革作職人

着物染み抜き(シミ抜き、しみ抜き)依頼、ブーツクリーニング、バッグ・カバンの修復・お直しの
おおまかな流れ

1
職人の部屋に入り
依頼フォームより入力して送信します。
2
受付確認のメールが届きます。
3
職人からの返信が、メールで届きます。
4
必要に応じて、職人への返事をお願いいたします。
5
ご依頼の受付が可能な場合
費用・納期・依頼品の送付先・支払方法などの
説明がメールにて案内されます。
6
返信内容にご納得いただけた場合
依頼品を送付してください。
7
あとは、修正された衣類が戻ってくるのを待つだけ!
ご依頼品郵送について

依頼品をお送り頂く際の運賃

依頼品はご依頼者様の手配にて、ご送付頂きます。
なお、お送り頂く際の送料は、ご依頼者様でご負担お願い致します。

キャンセルについて

作業開始してからの中止は不可です。作業前の場合は、送料お客様負担にて返品いたします。

お受け取り時間指定

お品物のお受け取り時間をご指定したいお客様は以下の時間指定でメールにてお知らせ下さい。
お届け時間

仕上がり品のお支払い

代引代引きについて
当サイトでは、ご依頼品代金のお支払いは「代金引替便」にて行っております。
「代金引換便」による決済は、商品の受け取り時に、代金・代引き手数料を配送会社の方にお支払いください。
送料・代引き手数料はお客様ご負担となります。 代引き手数料はお支払いただく商品代金により異なります。下の表の通りです。
代引手数料
・当サイトでの依頼品の配送は、佐川急便・ヤマト運輸に委託しておりますが、他の配送業者がお届けする場合がございます。
・ご依頼品は発送元(職人所属の会社)名義でのお届けとなります。
TOPPAGE  TOP