悉皆.com

ファッション図鑑<着物>

point-1着物のお手入れについて


  着物を楽しんだ後は・・・

着物を着てお出かけ・楽しんだ後は、大切な着物も休ませてあげましょう。

まず、着物を脱いだら、和服用のハンガーに着物を掛けて、シワを軽く伸ばすように形を整えてあげましょう。
同じように、長襦袢・帯も出来れば別々のハンガーに掛けましょう。

ハンガーに掛けたら、風通しのよい部屋で半日から一日くらい、
陰干しをしてあげましょう。 (日が差す場所は厳禁! たった半日でも、紫外線は着物の変色・退色を引き起こします)

陰干しが終わったら、全体を見て、シミ・汚れなどがないかチェックしましょう。
もし、シミ・汚れが見つかったら、早めに染み抜きの専門業者さんに染み抜きを依頼しましょう(自分でシミ・汚れを処理するのは、かなりの確率で余計酷くなったりするので、止めておいた方が無難です)

特にシミ・汚れなどが見当たらなかったら、丁寧にたたんでタンスにしまいましょう

  保管方法

着物・長襦袢・帯は、多当紙(たとう紙)などに入れて保管します。

クリーニング上がりなどで、ビニール袋に入っているのを、そのまま保管される方がおられますが、これは絶対に止めてください。
密閉された空間は、着物にとって最悪の環境です。
着物は湿気を嫌い、風を好みます。

収納するタンスは、桐タンスが一番適しています。
桐タンスは、衣類(特に着物)の大敵である、「湿気」がこもりにくいという特性を持っており、衣類を食い荒らす「虫」に対してもいくらかの防虫効果があるようです。

タンスには、出来れば防湿剤と防虫剤を入れましょう。 これらの薬剤は、着物に直接触れないようにしてください。 直接触れたまま長期間放っておくと、変色などの事故が起こることがあります。

  虫干しについて

着物は湿気に弱く、カビが発生しやすいものですので、年に1~2回(出来れば3回)、
「虫干し」をして新鮮な風に当ててあげましょう。

虫干しには言葉の通り、陰干しすることによって、害虫を取り除く目的もあります。

虫干しの時期ですが、7~8月(土用干し)・10~11月(秋干し)・1~2月(寒干し)の三期あります。 梅雨の湿気をとるための夏の土用干し、空気がよく乾燥している時期の秋干し、最も乾燥している冬の寒干しと、それぞれにお手入れの意味があります。

虫干しの方法ですが、晴れた日が2日以上続く日を選び、午前10時~午後3時くらいの間、日光が直接当たらず風通しの良い部屋で、着物ハンガーや竿などに着物を裏返し(これが重要)にして掛けて陰干しします。

その際、ついでに多当紙(たとう紙)も干しましょう。 変色・湿気臭いなどの状態になっていたら、思い切って交換してしまいましょう。

タンスも、引き出しを全部開けた状態にして、風を通しましょう。
防湿剤・防虫剤などは、この時交換しておけば良いと思います。

point-2着物の種類


【黒留袖】
黒留袖は既婚者(ミセス)の正礼装で染め抜き日向5つ紋をつけ、
下襲もしくは比翼仕立てにします。最近では、
費用面、着装しやすさの点などからほとんどが比翼仕立てになっています。
主に新郎新婦の母・親族が着用します。
年齢などでふさわしい柄行を選び、
決まりとして染め抜きの五つ紋、
白の比翼仕立てにします。

【色留袖】
黒以外の色の地に格のある裾模様の着物。
色留袖は、江戸褄(えどづま)とよばれる裾模様の着物で、
ミセスの礼装として格調高いものです。
格式高い柄ゆきのものが選び、染め抜き日向5つ紋をつけ、
比翼仕立てをすると黒留袖と同格になり、正礼装の装いとなり、
比翼仕立てをせず、3つ紋、1つ紋にすると準礼装の装いになります。
既婚女性や振袖を卒業した未婚女性達が、
礼装・準礼装として着用。
着用は婚礼では、未婚の姉妹や親族が適し、
また、華やかなパーティや、初釜などにも可。

【訪問着】
胸と裾に柄あわせをした着物。
縫い目で柄が切れないように絵羽付けされ、
また肩裾模様といって裾から後ろ身頃、肩から背中、
袖に柄つけされた着物です。
呉服屋さんやデパートでは、反物でなく仮絵羽といって、
着物の形にして飾ってあったり、畳んだりしてあります。
格調高い古典柄や豪華なものは、一つ紋を付け、
準礼装として装うことが、出来ます。
最も、幅広く活用できる着物ですが、
着る場所に応じて、相応しい柄ゆきを選ぶのが大切です。
婚礼や重要な茶会等には、一つ紋付が、相応しいです。

【振袖】
未婚女性の準礼装である振袖ですが、
袖の長さにより呼び名が異なります。
袖がくるぶしまである大振袖は3尺(約120センチ)、
袖がふくらはぎあたりまである中振袖は2尺6寸(約100センチ)
から2尺8寸(約107センチ)、袖がひざ頭まである小振袖は1尺5寸(約60センチ)
から2尺(約80センチ)の3種類があります。
袖の長いものが格が高いとされています。
また、小振袖は晴着の扱いとなり最近では見かけなくなっています。
最近では、普通の着物でもたくさん誂える方も少なく、
まして振袖は1枚の方がほとんど。そこで振袖の袖の長さは、
格よりも着る人の体型に合わせ、背の高い方は着物が負けないように大振袖、
逆に背の低い方、大振袖は扱いにくい(動きにくい)という方、
控えめなものにしたいという方などは中振袖という風に目的に応じ、
袖丈を調整することが多いようです。

【付下げ】
付け下げ小紋は、着尺付下げともよばれます。
同じ絵羽模様ですが、訪問着は白生地を
裁ってから、染めるのですが、付け下げは
反物のまま、染める着物の事を指します。
基本的に縫い目に柄が渡らない柄ゆきなので、
訪問着より軽い外出着とみなされます。
付下げ小紋は、小紋と同じく友禅をはじめとして、
更紗(さらさ)、ろうけつ染め、紅型(びんがた)、
絞りなどさまざまな染めの技法を用いて染められています。
しかし、今では柄ゆきの多様化で区別が
つきにくくなり、模様の格・豪華さで
着分けることが、必要です。

【色無地】
柄のない無地の着物が色無地です。
紋の有無、合わせる帯によりさまざまな格になり、
またそれによって用途が違ってくる着物です。
礼装として五つ紋付ける場合もありますが、
実際は一つ紋を付けることが多いです。
この様にすると格のある帯合わせで、
準礼装になります。

【江戸小紋】
白生地に細かい柄で染める着物で、
色無地と同じ感覚で着用できます。
紋の有無、合わせる帯によりさまざまな格になり、
またそれによって用途が違ってくる着物です。
細かく、格のある絵なら一つ紋を付けて、
準礼装となります。
ただし、紋が付いていない色無地や
しゃれ感覚の柄の江戸小紋は、
軽い外出着になります。

【小紋】
全体に柄があり、一方的に柄を繰り返している着物です。
友禅をはじめとして、更紗(さらさ)、ろうけつ染め、紅型(びんがた)、
絞りなどさまざまな染めの技法をつかって染められた着物があります。
軽い外出着とみなし、お稽古・観劇・友人との
食事などに、向く着物です。
柄が多種多様ですので、模様の格によって
着る場所を考慮する必要があります。
格式張らない場でも、カジュアルなパーティや
軽いお茶会等には、格のある古典柄の着物が
相応しいでしよう。

【紬の訪問着】
織り着物の代表で、節のある糸で織ったものです。
今はその地風が好まれ、紬地に絵羽模様を
染めたり、織り表した訪問着は軽い訪問着とされます。
小紋同様、主にカジュアルなパーティや
会食に着用し、柄行や地風により着る場所を
考える必要があります。

【無地紬】
無地の場合、絣柄や縞を織り出した紬より、
少し改まった装いとすることが出来ます。
帯合わせによって、気軽なお茶会に着用出来ます。
又、縫い紋を1つ付けることが出来、紬の訪問着と
同じ感覚で、着ることが出来ます。

【紬(縞・絣)】
これらの紬は、昔は普段着とされていました。
現代では、軽い外出着として様々な場で
着られる様になりました。
お稽古や趣味の会、友人との食事など、
気負わないおしゃれに向く着物です。
最高で高価な着物でも、紬の場合、
婚礼・茶会などの格のある装いには
着用出来ません。