悉皆.com

ルイ・ヴィトンバッグの内袋のインクの染み抜き

 


ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの内袋のインクの染み抜きです。

かなりたっぷり浸透したインクのしみですね。(画像1)
ここまでの染みは、このままシミヌキしますとバッグの表側にも影響が出てしまうケースが多いのでまずは内袋を取り外します。 (画像2)
裏側の方がインク染みが大きいですね。裏が樹脂加工されていますので、そのままシミヌキしますと、インクが回りに移って輪染みなどの弊害を起こします。 (画像3)
内袋をはずしましたら、角の縫製も解いてきれいに染み抜きしていきます。(画像4)
きれいに染み抜き出来ました!。(画像5)
内袋をきれいに縫製しなおしまして、バッグ本体と再縫製していきます。(画像6)
縫い目がずれないように、事前に針で縫い目を合わせます。(画像7)
ミシンできれいに針穴を合わせながら縫っていきます。(画像8)
きれいに直りました(画像9)

バッグの修理屋さんなどでは、大抵、この手の修復はべつの生地での作り直しを提案されると思います。
修理屋さんには染み抜きの高い技術が無いためです。
どうせ直すのであれば、取替えではなく染み抜きしてもらいたいアイテムだと思います。
染み抜き技術+縫製技術、で自社で直せる職人さんはほとんどいないと思います。
当工房の売りのひとつでもあります(笑)

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの内袋のインクの染み抜きはお任せください。

決済方法について

悉皆.comバッグお直し職人依頼↓

革作職人
・ご依頼品の発送する際は、事前に担当職人のご依頼フォームよりお問い合わせしてください。
・ご依頼フォームは数日で登録職人より返信されます。
・作業代金の目安はこの際に御見積をお出しします。
・ご郵送の際は、当サイト規定のお手入れカルテにご記入下さい。
・お品物にカルテを同封の上、担当職人の住所までお送り下さい。
・お品物到着から数日中に職人よりメールがございます。
・御見積、納期、処理方法などメールからご判断いただき処理の有無をご連絡してください。
・ご連絡をうけて作業を開始いたします。

染み抜き(シミ抜き、しみ抜き)依頼の
おおまかな流れ

1
職人の部屋に入り
依頼フォームに入力して送信します。
2
受付確認のメールが届きます。
3
職人からの返事が、メールで届きます。
4
必要に応じて、職人への返事をお願いいたします。
5
ご依頼の受付が可能な場合
費用・納期・依頼品の送付先・支払方法などの
説明がメールにて案内されます。
6
内容にご納得いただけた場合
依頼品を送付してください。
7
あとは、修正された衣類が戻ってくるのを待つだけ!

お申し込みはこちらから↓

バッグ・レザー(皮革)の修復工房 革作Re
住所:東京都港区芝4-18-3 JTM-26 21
TEL:03-5443-6064
FAX:03-5443-6064

TOPPAGE  TOP